名義変更(移転登録)

車名義変更代行新潟
・中古車販売店で車を買った

・オークションで中古車を購入した

・家族から車を譲り受けた

これらのように、自動車の所有者名義が変わることを一般的には「名義変更」と呼ばれたりしますが、正式には「移転登録」を言います。

似て非なるものとして、「変更登録」もありますが、これは所有者は変わらずに使用者が変わるケースの場合を指します。

自動車登録手続きが煩雑である理由として、ケースバイケースが多いという問題があります。

太田(WEB担当)
太田(WEB担当)
所有者が変わるのか、使用者が変わるのか。まずはここが大きな分かれ目です!

我々、自動車登録手続きの代行を生業とする行政書士事務所では、主に自動車販売店様や他県の行政書士様からご依頼を頂くケースが多く、

・個人なのか法人なのか

・所有者の変更か使用者の変更か

・普通車か軽自動車か

などなど、ミスのないように細かく聞き取りをさせて頂いております。

 

と言うのも、自動車登録は書類の不備・不足はもちろん、手続き書類の記載漏れや書き損じ、捺印漏れなどがあると支局などで手続きを行っても受理してもらえないからです。

そうなると、改めてお客様に書類を準備して頂いたり、申請書類を書き直してもらうなどお手間をおかけすることに繋がってしまうからです。

 

そんな面倒に思える車の「名義変更(移転登録)」の手続きに関する疑問をこの記事で解決いたします。

太田(WEB担当)
太田(WEB担当)
この記事では主に自動車販売店様、行政書士様に向けた内容となっています。
注意点①名義変更は車が自分のものになってから15日以内に行う

注意点②手続きは個人出来るが、行政書士などに依頼も可能

注意点③自賠責保険の手続きも行う必要がある
特別価格!名義変更料金表はこちら

車の名義変更をしない場合の罰則規定

車の名義変更しない場合の罰則規定

名義変更は道路運送車両法で「15日以内」に行うことが義務付けられており、変更があった時点から15日以内に手続きをしなければ、道路運送車両法違反です。

申請を怠ったり、虚偽の申請をしたりした場合、50万円以下の罰金の対象となります。

ちなみに、住所が変更となった場合も同様で、15日以内の手続きが義務とされており、引越しなどで住所が変わった場合は忘れずに手続きを行う必要があります。

参考引越し後に車のナンバープレートをそのままにしてはダメな理由【罰則対象】

車の名義変更に車庫証明が不要となるケース

車名義変更車庫証明不要ケース

車庫証明書は、車検証の「使用の本拠の位置」に変更が生じない場合は不要です。

 

具体的な不要ケースは、

・ローン完済による所有権解除

・同居している家族間での名義変更

・同じアパートやマンション等の友人・知人に車を譲渡する場合(※会社寮などもこのケース)

このような場合です。

特に「ローン完済による所有権解除」は、弊所でも最も多い事例の一つであり、使用者がそのまま所有者になるので、使用の本拠の位置に変更が生じないというのが理由です。

 

普通車の名義変更(移転登録)に必要な書類【代行する場合】

普通車移転登録(名義変更)必要書類

所有者(A)から新所有者・使用者ともに(B)の場合の必要書類

所有者(A)|準備すべき必要書類

  1. 自動車検査証(車検証の原本)
  2. 譲渡証明書(PDF)(実印を押印)
  3. 委任状(PDF)(実印を押印)
  4. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)

新所有者(B)|準備すべき必要書類

  1. 委任状(PDF)(実印を押印)
  2. 印鑑証明書 (発行後3ヶ月以内)
  3. 車庫証明(発行後1ヶ月以内)

所有者(A)から新所有者(B)・新使用者(C)の場合の必要書類

所有者(A)|準備すべき必要書類

  1. 自動車検査証(車検証の原本)
  2. 譲渡証明書(PDF)(実印を押印)
  3. 委任状(PDF)(実印を押印)
  4. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)

新所有者(B)|準備すべき必要書類

  1. 委任状(PDF)(実印を押印)
  2. 印鑑証明書 (発行後3ヶ月以内)

新使用者(C)|準備すべき必要書類

  1. 委任状(PDF)(認印を押印)
  2. 住民票 (発行後3ヶ月以内)
  3. 車庫証明(発行後1ヶ月以内)

必要書類補足(手続きを代行する行政書士が準備・作成)

・申請書(OCR第一号様式)
手数料納付書 ・手数料納付書
・自動車取得税・自動車税申告書

これら3つの書類は、手続きを代行する行政書士が準備をして作成します。

 

軽自動車の名義変更(移転登録)に必要な書類【代行する場合】

軽自動車移転登録(名義変更)必要書類

所有者|準備すべき必要書類

  1. 自動車検査証(車検証の原本)
  2. 申請依頼書

申請依頼者については、旧所有者欄(右側)に認印にて押印が必要です。

 

新所有者|準備すべき必要書類

  1. 申請依頼書
  2. 住民票(発行日より3ヶ月以内のもの)

申請依頼者については、新使用者・新所有者欄に認印にて押印が必要です。

 

自動車の名義変更を行政書士に代行する際にかかる費用の目安

車の名義変更代行予算

・車庫証明の取得必要有無(エリアによって料金が様々)

・ナンバープレートが変わる場合のナンバープレート代

・希望ナンバーにする場合

・出張封印(丁種封印再々委託)も依頼する場合

これらのように依頼内容によって、合計金額は異なります。

 

そのため、一概にいくらあればOKです!と言うのは難しいのですが、これらを考えずにいわゆる”移転登録の代行料金(基本料金)”で考えた場合、「 5,000円~ 」は最低でもかかります。

ここに車庫証明が加わる場合も多い為、「 15,000円~ 」はかかるでしょう。(エリアによって異なります。)

 

そして、引越しなどで運輸支局の管轄が変わる場合や、希望ナンバーを取得する場合は別途ナンバープレート代金もかかるほか、封印代など諸々と足した金額が合計金額となります。

これも依頼内容によって様々なパターンがありますので、基本的には丸投げをする形でお願いすることで行政書士側が必要書類の有無や金額を教えてくれます。

 

尚、弊所にご依頼いただく場合は、移転登録にかかる代行手数料は3,000円(税別)~です。

創業時から変わらぬ考えであり、お客様と長らくお付き合いを頂けることを願い、このような価格設定とさせて頂きました。

 

【特別価格】井口事務所の名義変更・代行手数料

普通車

代行手数料(税別) 印紙代
移転登録

(所有者の名義が変わる場合)

¥3,000 – ¥500 –
移転登録とそれに伴うナンバー変更 ¥3,000 – ¥500 –
移転一時抹消 ¥3,000 – ¥850 –

補足

環境性能割やナンバープレート代は実費となります。

県外転入の場合、税止めとして1,000円(税別)がかかります。

 

軽自動車

代行手数料(税別) 印紙代
移転登録

(所有者の名義が変わる場合)

¥3,000 –
移転登録とそれに伴うナンバー変更 ¥3,000 –
移転一時抹消 ¥3,000 – ¥350 –

県外転入の場合、税止めとして1,000円(税別)がかかります。

 

太田(WEB担当)
太田(WEB担当)
お問合せ・ご依頼につきましては、下記フォームよりお願いいたします。

新潟県内外への自動車登録手続きは井口事務所が代行致します

行政書士法人井口事務所

私たち井口事務所は、新潟県にある自動車登録代行専門の行政書士法人です。

全国トップクラスの専門スタッフ数(35人)が在籍し、そのヒューマンパワーを最大限に生かし、お客様にご満足いただけるよう日々、努めております。

 

・車庫証明から登録までお願いしたい

・必要書類や料金をすぐに教えて欲しい

・急ぎの案件だから至急対応して欲しい

・丁種封印再々委託を依頼したい

このようなお客様のご依頼を迅速・丁寧にご対応致します。

急ぎのご依頼や、名義変更等の自動車登録に関するご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

 

各種自動車登録お問合せ窓口

    必須 ご相談内容

    ご相談お見積もりお問い合わせその他

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須都道府県

    任意会社名

    任意ご住所

    任意お電話番号

    必須メッセージ本文